タブレット学習のメリットとデメリット。自宅でタブレットを上手に使うコツ

ママ
ママ

塾に行かせるのにはまだ早いかなと思っているので、自宅でできるタブレット学習が気になっているんですが、何か注意点ってあるのでしょうか。

ナビ子
ナビ子

タブレット学習を検討されているんですね。メリットと注意点、そして意外と多い長続きしない理由をご紹介しましょう。

タブレット学習とは

タブレット学習とはインターネットの普及に伴い、小学校をはじめとする教育機関では、ICT教育と呼ばれる情報通信技術を用いた環境の整備が行われています。

ICTとは、Information and Communication Technologyの略でインターネットの情報技術を使用し、パソコンやタブレットを活用した教育法のことです。

今後は、電子黒板やタブレットを用いた授業を取り入れる学校も増えていくため、タブレット学習に対する注目も高まってきているのです。

授業ではじめてタブレットを使うより、事前に慣れておいた方が子供達も授業に対する意欲も変わってくるもの。

従来の教科書にノート、プリント学習や市販のドリルと違って、子供のやる気を引き出してくれるタレットですが、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。

タブレット学習のメリット

タブレット学習のメリットタブレット学習には、子供が喜ぶ工夫がたくさん組み込まれています。そんなタブレット学習をするメリットは2つ。

分かりやすい

タブレット学習は手のひらサイズで持ち運びが可能!インターネットに接続して使用します。内容もイラストや音、アニメーションなどさまざまな工夫が施されているので、分かりやすいというのが最大のポイントです。

科目によっては動画で解説してくれるタイプもあるので、分かりやすく飽きさせない工夫がたくさん含まれています。

色やイラストを使って解説してあると、視覚的にも分かりやすいですね。

楽しく学べる

まるで漫画や絵本を読んでいるかのように、読み進めることができ、ミニテストでは自動採点機能があるものも。タブレットと会話しながら学べるというのも魅力のひとつです。

学習状況によっては、スタンプなどのご褒美がもらえる他、付属のアプリで休憩タイムにゲームができるのも人気がある理由です。

楽しく学べて分かりやすいというのが、多くの子供達に支持される理由のひとつです。

タブレット学習のデメリット

タブレット学習のデメリット自主的にやりたくなるようなタブレット学習は、ゲーム感覚で学べますが、注意しなければいけない点もあります。

身体的な影響

タブレット学習は集中できるので、時間が経つのを忘れてしまう子も。長時間画面を見るため、ディスプレイから発生するブルーライトの影響により、視力の低下が懸念されます。

また、画面を見る時間が長くなるため、同じ姿勢で下を向くことで首や肩のコリ、そして頭痛を訴えるなど身体的な影響が心配されます。

身体的な影響を回避するためには、学校の授業と同じように適度な休憩を取る必要があります。

文字を書く機会が減る

タブレット学習は専用のタッチペンを使って進めますが、自分の手で書く文字と、タブレットに書く場合とでは、文字を書く感覚が違います。

上手に書かなくても、採点してもらえるので、文字を雑に書いてしまうことも少なくありません。

書いて覚えることも大事なので、文字を書く機会が減ってしまうということもデメリットのひとつとして考えておかなければいけません。

「鉛筆の持ち方がおかしい」「書くスピードが落ちてきた」と感じたら、文字を書く機会を見直してみましょう。

タブレットに任せっきりになってしまう

タブレット学習は、親が教えるより分かりやすく、集中して勉強している様子を見ると安心するものです。

そんな安心感から親の介入が減り、任せきりになってしまうので、気づくとゲームばかりしているという事態に陥ってしまいます。

任せきりになると、ゲームをしていても分かりませんし、どこまで進んだのか、学習したものが身についているのかも、確認しないと分からないためです。

タブレットはあくまで補助的なツールなので、家庭学習は親のサポートが必要です。

すぐに答えが見ることができてしまう

タブレット学習をしている時に、常に見ていることは不可能なので、音を出して操作するという方法もあります。

これなら、確認のテストをやっているのか、ゲームをやっているのか、見なくても分かるためです。

ミニテストや、振り返りのための練習問題なども多数用意されていますが、分からないとヒントを教えてくれる他、自分で答え合わせできるという点にもタブレット学習のつまずきが潜んでいます。

子供は操作方法が分かると、分からなければ答えを見るというのが習慣化してしまい、考える力が衰えてしまうという懸念があるのです。

これが毎日となると、どのタイミングで答えを見ているのか判断がつきません。

「答え合わせは親と一緒にする」「分からなかったらヒントを見て一度考える」など、答えを見る前のルールを作って見守ってあげることが重要です。

アプリで遊んでしまう

タブレット学習は子供がやる気を持って、取り組めるよういろいろなプログラムやコンテンツが用意されています。

その中には、類似問題を解くゲーム形式や、休憩タイムで行う簡単な遊びが用意されていることも。

タブレットという機械の中にあるので、子供は勉強なのか遊びなのか区別がつきにくく、タブレット=勉強しているという錯覚に陥ってしまうこともあるのです。

親の介入が減れば減るほど、ゲームで遊ばせる回数や時間帯については、大人がきちんとルールを作ってあげる必要があります。

「集中してがんばっている」と思ったらゲームをやっていることもあるので、慣れるまでは定期的に学習状況を確認してあげましょう。

システムトラブル時には勉強ができない

タブレット学習の多くは、通信教育として定期的に教材が更新されます。また、学習の状況を確認するため、インターネットに接続して使用します。

自分のペースでやりたい時にできるというメリットもあるのですが、反面、やりたい時にシステムトラブルでできないということも。

やる気がある時にできないのは、意欲にも影響しますし、タブレット学習に慣れ過ぎてしまっていると、プリント形式のドリルなどでは物足りなさを感じるかもしれません。

システムトラブルはいつ起こるか分かりません。タブレット以外で取り組めるもの、例えば市販のドリルや、スマホの学習アプリなどを準備しておくようにしましょう。

タブレットを使った自宅学習が人気の理由

タブレットを使った自宅学習が人気の理由タブレット学習にはメリットと注意点がありますが、自宅ででき、なおかつ受講料は塾に通うより安く、送迎の手間もかからないことから人気があります。

しかし、それ以外にもタブレット学習が支持される理由があるので、ひとつずつ見ていきましょう。

ゲーム感覚で学べる

タブレット学習は、イラストや音、動画など子供たちが分かりやすいように作られています。キャラクターがナビゲーションしながら進めていくものや、ゲーム感覚で算数が学べるものなど多種多様。

勉強をするというより、まるでゲームをしながら学べるというのが、タブレット学習が支持される大きな理由です。

反復学習ができる

自宅で行う家庭学習は、宿題と授業の復習が中心です。漢字の書き取りや計算問題などが基礎学力の定着につながります。でも、子供が自ら繰り返し学習をするのは不可能に近く、宿題や家庭学習などを行う環境づくりが大事になってきます。

タブレット学習は、ゲーム感覚で学べますし、知らず知らずのうちに反復学習を行うことができるので、まさに一石二鳥!

毎日の繰り返しが学力の定着につながるのです。

採点が早くモチベーションアップ

宿題はプリントに書き込む形が多いのに対して、タブレット学習はそのまま画面に入力しすぐ採点してもらえるので、できたのかどうかすぐに確認することができます。

もし、間違っていた場合は、ヒントがもらえ、反復学習を進める指示がでることも。

やはり、「ピンポーン!」という正解音や、「はなまる」がもらえるのはやる気アップになりますし、嬉しいものです。やる気を高めつつ、モチベーションを維持しながら学習に取り組むのは意外と難しいもの。

そんなやる気とモチベーションのどちらも得られるのがタブレット学習の大きな特徴です。

音やアニメーションがやる気を引き出す

子供は漫画やアニメが大好きです。最近では子供向けの動画配信サービスや、YouTubeといった動画共有サービスでキッズチャンネルなども多く配信されるようになりました。

そんな動画を見る機会が増えた子供たちにとって、音とアニメ、そして採点機能など、子供が興味を示すしかけたたくさん含まれています。吸収力が高い子供には、タブレットを上手に使えば、子供の可能性を引き出すツールになります。

しかし、タブレット学習は使い方を間違えると長続きしないケースもあります。

タブレットを上手に使うコツ

タブレットを上手に使うコツタブレット学習は、メリットとデメリットがあり、それらを理解した上で上手に使わないと長続きしません。では、どんな点に注意して活用したらいいのでしょうか。

時間を決める

最初は勉強をしていたけど、気づいたらアプリで遊んでしまうということがないように、使う時間を決めます。宿題が終わってから30分など、具体的な時間を決めるのがポイントです。

使い始めたらタイマーをセットして、アラームが鳴ったらどこまでやっているのかをチェックして、切りの良い所までやって終わらせるようにするとメリハリがつきます。

リビング学習で勉強する環境を作る

子供部屋がある家庭では、自分の部屋で勉強させたいものですが、分からない時に答えに頼っていないかをチェックするために、リビング学習を取り入れましょう。

一人ではなく、見られている意識が勉強する環境を作ります。

学習状況をチェックする

1日に勉強する時間が30分程度なら、家事をやっている間にタブレットに取り組み一人で学習することができますし、合間に学習状況をチェックすることができます。

アラームを設定すれば子供も親もどれくらい取り組んでいるのか分かりますし、あと何分で終了なのかも一目瞭然です。

学習環境が定着するまでは、スモールステップとして短い時間を設定して適宜確認していくようにしましょう。

タブレットに任せっきりにしない

タブレットは便利なツールですが、集中しているかと思いきや、アプリで遊んでしまうこともあります。あくまで勉強の補助教材として使用し、適宜保護者が確認し任せっきりにしないように意識しましょう。

子供の向き・不向きを見極めるのも大事

子供の向き・不向きを見極めるのも大事友達がタブレット学習をはじめたと聞くと、楽しそうだからやらせてあげたいと思うものですが、タブレット学習は、子供の向き、不向きがあるので、親が見極める必要があります。

その方法は、まずは無料のスマホ向け学習アプリを試してみるのがおすすめです。

興味があるようなら、学習アプリを家庭学習のひとつとして取り入れ、長続きしそうなら、タブレット学習も視野に入れて家族で話し合ってみましょう。

最初の導入と、子供に合うかどうか、そしてはじめるタイミングも大事です。

学習アプリの選び方に迷ったら、簡単なゲームからはじめてみましょう。ダウンロードして親が実際にやってみると、探し方も子供に合うかどうかも少しずつ分かってきます。

まとめ

タブレット学習は、上手に活用すれば、勉強はもちろん、IT化が進む日本でインターネットを介していろいろな情報や知識を得ることができる魔法の機械となります。でも、使い方を間違えると、アプリとゲームに依存してしまうことにもなるので、上記を参考にスマホの学習アプリからはじめてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました