習い事がある日の夕飯ってどうしたらいいの?アイデアとメニューを紹介

習い事で帰宅時間が遅くなる日は、献立を考えるのに苦労するものです。簡単にできて栄養バランスも良いもの。そしてお腹を満たすメニューがあったら試してみたいと思うものですよね。そこで、習い事がある日の夕飯作りのアイデアとメニューをご紹介したいと思います。

食事のバランスとは

食事のバランスとは

まずは、メニューを考える基本となる食事バランスについて再確認していきましょう。

農林水産省が作成した食事バランスガイドによると、1日に採る食事の目安として主食・副菜・主菜・牛乳/乳製品・果物の5つをバランスよく食べるように推奨しています。それぞれどのような食材やおかずを指すのか具体的に確認していきましょう。

参考:農林水産省「食事バランスガイド」

主食

主食とは、体を動かすエネルギー源となるもので、ご飯・麺・パンなどが主食となります。習い事がある日の夕飯に取り入れるなら、ご飯か麺類がこの主食に相当するでしょう。

副菜

副菜は、野菜や海藻、きのこなどを使ったもので、体の調子を整えるものになります。サラダや炒め物、煮物などが副菜にあたり、前日に多めに作っておいた煮物なども副菜のひとつとして活用することができます。

主菜

主菜は、肉や魚、大豆製品を使った料理で、血液や筋肉など体を作る元になるものです。このメインとなるおかずをどうしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

手の込んだものを作らなくても、豚の生姜焼きや焼き魚、豆腐のステーキなど、焼くだけでできるものはたくさんあります。揚げるのは手間がかかるので、習い事がある日の夕飯は焼く、炒めるという作業でもおかず作りは十分可能です。

牛乳・乳製品

乳製品は、牛乳やヨーグルト、チーズなどで、子供の成長には欠かせないカルシウムを摂取することができます。1日に摂取量の目安は、牛乳なら200cc程度、ヨーグルトとチーズを合わせるなら100cc程度なので、朝食もしくは給食でカバーできます。

準備する時間が限られている日は、難しい場合は朝食に採るようにしましょう。

果物

りんごやミカン、いちごにキウイなどの生の果物は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていること。そして口の中をさっぱりさせてくれるので、デザートして食べている人も多いのではないでしょうか。

主食・副菜・主菜を上手に取り入れ、もう一品欲しいという時に果物をプラスしてみましょう。子供は果物が好きな子が多いので、デザートがあるのとないのとでは満足感も変わってきます。

習い事がある日のメニューの考え方

習い事がある日のメニューの考え方

農林水産省では朝昼晩の3食でバランスよく栄養を採るように呼びかけています。しかし、習い事があって帰宅が遅くなるという特別な日は、上記の5つをすべて網羅する必要はありません。

例えば、主食+主菜の組み合わせなら、ご飯の上にお肉と野菜を炒めた焼肉丼でもいいですし、ご飯とお刺身、そして多めの野菜を入れたみそ汁でも主食と副菜+主菜の組み合わせになります。

いつもと状況が違う日の夕飯は、準備とアレンジでいろいろなメニューが楽しめます。その具体的な方法についてみていきましょう。

事前に準備できるもの

料理に準備は必要不可欠ですが、簡単に済ませるためにもうひと手間かけて準備が必要です。

主食はアレンジが広い

主食となるご飯と麺、パンのうち、習い事がある日の夕飯にどれにするかあらかじめ考えておきます。ご飯なら研いで帰ってくる時間に設定しておけば温かいご飯が食べられますし、冷凍しているのなら、冷凍庫から常温に戻しておくとレンジでチンする時間を時短することができます。

麺はうどんにそば、パスタにラーメン、焼きそばに焼うどんと種類が豊富です。ゆで麺にするのか、それとも冷凍のものを買っておくかでメニューのバリエーションも広がるので、アレンジしながら活用しましょう。

副菜は切っておく・煮ておく

副菜となる野菜やきのこ、海藻にイモ類は、サラダ用に切ってタッパーに入れておくだけで、帰宅後すぐに食べることができます。

また、きのこやイモ類は、前の日に煮物として多めに作っておくとそのまま食卓に並べることができるので時短のおかずに。前日のおかずをリメイクして作るという方法もあるので、習い事の前日はいつもより多めに作っておくとアレンジができて便利です。

主菜は作り置きと購入で臨機応変に

主菜となる肉と魚・大豆製品は作っておくものと、当日に調理するもの。そして習い事の帰りにスーパーで買うという方法があります。

電気圧力鍋で煮込み料理

材料と調味料を入れてスイッチを押すだけで、本格的な料理ができる電気圧力器は、時短家電のひとつとして注目を集めています。

どんなものが作れるのかというと、豚の角煮や手羽先と大根の煮物、カレーに肉じゃが、さんまの甘露煮など肉・魚・野菜などいろいろな料理を作ることができます。前日に作っておいてもいいですし、お迎えにいく前にセットしておくと、帰宅後すぐに食べることができます。

冷凍で下味調理

電気圧力鍋がない場合は、買ってきたお肉に下味をつけて冷凍保存しておきます。冷凍したものは、帰りが遅くなった時に活用できるのでストックを作っておくと便利!

下味に使う調味料は醤油・酒・みりん・味噌・ごま油・中華だし・しょうが・ニンニク・塩コショウなどの好みの調味料を冷凍保存用の袋に入れて、少し馴染ませて冷凍保存します。

いろいろな味を冷凍しておくと、その日の気分で選べるので便利!習い事がある日は冷凍したものの中から食材を選んで冷蔵庫に移動して解凍してから調理します。

帰りのスーパーで総菜を購入

準備をしていても、トラブルが重なって帰る時間がいつもより遅くなってしまうということもあります。そんな時には無理をせず、帰りのスーパーでお惣菜を買って済ませましょう。

野菜を切っておけば、副菜として食べられますし、昨日の残りの煮物と一緒に食べるとバランスも良くなります。

お刺身は切って並べるだけでおかずに

スーパーはお惣菜だけではありません。お刺身は切って並べるだけでおかずになるので、お魚コーナーも要チェックです。時間帯によって値段が安くなっていればさらにお得!

次の日の朝食の買い物もできるので、スーパーも有効活用してみてください。

冷凍食品も使い勝手が良い

味のクオリティが高い冷凍食品も使わない手はありません。普段食べたことがない商品も試すチャンスです。新しい味に出会うと、調理方法やレパートリーを増やすことができるので、投資だと思って冷凍食品も活用してみましょう。

カットフルーツで糖分補給

栄養バランスの中には果物も含まれているので、果物を切って食後にデザートとして食べましょう。子供はフルーツが好きなので口直しにもなりますし、量が少ないかもと感じた時や、あと一品という時に重宝します。

習い事がある日に参考にしたいメニュー

ここからは、習い事がある日におすすめしたいメニューについてご紹介したいと思います。

残り野菜で栄養満点スープ

残り野菜で栄養満点スープ

残り野菜を切って、煮るだけの簡単スープがおすすめです。コンソメで洋風に仕上げてもいいですし、卵と鶏がらスープで中華風など味のバリエーションが広いので、火が通りにくい根菜から鍋に入れてスープをメインにした食事をしてみましょう。

ボリュームを持たせたいなら冷凍ごはんを入れれば雑炊に変えることも可能!事前に作っておき、帰ってきてからその日の気分で味付けをすると便利ですよ。

具沢山豚汁

具沢山豚汁

子供が大好きな豚汁も忙しい時の強い味方です。豚汁をメインにした豚汁うどんなら、ワンボウルで洗い物も少なくて済みます。大根に人参、豚肉に油揚げ、えのきにしめじ、こんにゃくにごぼう、そして味の決め手となる豚肉を入れて豚汁が主役の夕ご飯の出来上がりです。

作り置きカレー

作り置きカレー

返ってすぐに食べさせたい時におすすめなのが、一晩寝かせた作り置きカレーです。ご飯とカレー、そしてサラダがあれば十分。

習い事がある日はカレーとメニューを決めておくのも分かりやすいですし、あれこら考えなくても済みます。前日から仕込んでおけば味に深みが加わるので、食べるのも楽しみに。

メインとなる具材は鶏肉と豚肉では風味も変わりますし、魚介類やきのこカレーなど、バリエーションが豊富です。

少し多めに作っておいて、和風だしを加えてカレーうどんにするなどアレンジもできるので、メニューに迷ったらカレーを仕込んでおきましょう。

釜揚げ冷凍うどん

釜揚げ冷凍うどん

冷凍うどんは忙しい時に便利なおかずのひとつです。大きな鍋に冷凍うどんを入れて沸騰したら釜揚げ風にして家族で鍋を囲みましょう。

ネギやしょうが、揚げ玉などの薬味があればいろいろな味が楽しめます。

冷凍うどんの釜揚げ風なら、大きな鍋と個々のお椀で食事ができるので洗い物が少なくて済むのも嬉しいポイントです。

野菜たっぷり鍋ラーメン

調理が簡単で、野菜も食べさせたいという場合、5食のインスタントラーメンもおすすめです。

大きな鍋に野菜室にある野菜をたくさん入れて、野菜ラーメンを作ってみましょう。冷蔵庫と野菜室の残っている食材を活用できるので、おすすめです。

フライパン焼きそば

フライパン焼きそば

フライパンを大皿の代わりにした、焼きそばも洗い物をひとつ減らすことができます。焼きそばと野菜をたくさん食べるイメージで、切って炒めてフライパン焼きそばを楽しみましょう。

いつもと違った夕食のメニューは子供の思い出に残ること間違いありません。

ボリューム満点フライパンで冷凍餃子

ボリューム満点フライパンで冷凍餃子

フライパンをそのまま食卓に出すもののひとつに、冷凍餃子もおすすめです。冷凍の技術は進化しているので、水も油も入れずに火加減と時間だけチェックしておいしい餃子を家族で食べることができます。

フライパンで焼いてそのまま食卓に出すと、いつもと違って見た目のインパクトも演出できます。

習い事がある日の夕飯は〇〇にしよう。とメニューを固定しても分かりやすいので、いろいろ試して家族の反応をチェックしてみましょう。

疲れている時やがんばった時には外食やテイクアウト

疲れている時やがんばった時には外食やテイクアウト

進級や習い事の時間割が変わると、夕飯のメニューや準備に影響が出ますが、疲れている時には無理をしないで外食やテイクアウトに頼ることも大事です。

そして、子供ががんばった時には、親子でコミュニケーションを取る機会として外食をしてゆっくり子供の話を聞いてあげましょう。がんばり過ぎは禁物です!

楽しみながら工夫しよう

楽しみながら工夫しよう

今日はこれにしようと考えていても、やろうと思った時に限って別な用事ができてしまい、準備が進まないということもあります。

そんな時には冷凍食品に頼ることも大事ですし、スーパーのお惣菜を買うことで、洗い物の時間を少し節約することもできます。

夕飯の用意ができない時には、習い事にいく前におにぎりを食べさせてから出ると、少し腹持ちがするので、準備する時間の余裕も生まれます。何よりも楽しむことがママにとっても家族にとってもハッピーになるので、いろいろ試してみて、一番しっくりくるやり方を見つけていくようにしましょう。

まとめ

習い事がある日の夕飯は、慌ただしくなってしまうものですが、家事や料理を見直すきっかけにもなります。「こんなやり方もあったんだ!」というひらめきが、子育てにも生かされるので、親子で楽しみながら習い事がある日の夕飯について試行錯誤してみてください。

タイトルとURLをコピーしました