小学生のプログラミング。何年生から?どんな内容?今から備えておきたいポイント

あおいちゃん
あおいちゃん

ママ~プログラミングって何?小学校に行ったらどんな勉強するの?

ママ
ママ

小学生のプログラミングって1年生から始まるんですか?今度小学校に入学するんですけど、子どもになんて説明したらいいのか分からなくて

ナビ子
ナビ子

はじめての試みなので、いつ始まるのか、どんなことを学ぶのかは気になりますよね。詳しくご紹介していきたいと思います。

プログラミング必修化とは?

2020年に教育が変わる大きな柱のひとつに、プログラミングの必修化が挙げられます。その背景には、私たちの生活に欠かせないインターネットの普及が関係しているのです。

日々進化するインターネットから「情報を取得する」「情報を伝える」「情報を保存する」「加工する」などさまざまな知識が求められます。

しかし、手段に応じて使い分けるスキルがないと、大事な情報が使いこなせません。ITは進化しているのに、学ぶ場所がないためIT力の育成が国際社会の中で求められる要素になってきました。

スマートフォンの所有率も低年齢化が進み、デジタル化していく社会に対応すべく、プログラミングが教育の中に組み込まれたという経緯があるのです。

参考:小学校プログラミング教育必修化にむけて

小学校プログラミング教育の手引き

将来、IT化が進むとあらゆることをコンピュータを通して形にする力が求められます。そのためには、頭の中を整理し、どのようにしたら想像したことが実現できるのかの順番を考え、コンピュータに指示する言語(記号)に置き換えて伝えるという手段が必要になってきます。

これらを論理的、いわゆる筋道を立てて考える力をプログラミング的思考といい、「小学校プログラミング教育の手引き」に基本的な考え方が明示しています。

プログラミング教育では「プログラミング的思考」を学び、将来、社会で活躍できるきっかけになること。そして子供たちの可能性を引き出すことも目的のひとつになっています。

昨今では、現金のキャッシュレス化やAIの実用化など、日々生活は豊かになっています。日本の未来を支えるための教育として、小学校のプログラミング教育は大きな役割を担っていくのではないでしょうか。

参考:文部科学省:小学校プログラミング教育の手引き

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングというと、難しいイメージがありますが、学ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。私たちが日々使っているインターネットでは、コンピュータを動かすための手順を考え、まとめ、人がコンピュータに命令して実現できています。

コンピュータに指示を出すためには、筋道を立てて考える論理的思考が身に着き、問題に直面した時に解決法を考える問題解決能力の育成にももつながります。また、頭で考えるため、想像力が養われるというメリットもあるのです。

これらは、プログラミングだけではなく、日常生活の中でも活用されることも期待されます。スマートフォンのゲームやアプリを利用する子も増えてきました。親が操作に戸惑っていると、「貸して」と言って何やら操作して、使えるようになった経験がある人の少なくないのではないでしょうか?

こんなふとした場面でも、問題解決能力や、想像力、そして論理的思考が活かされているのです。

プログラミング教育の課題

将来に備え、考え方を学ぶプログラミング教育ですが、メリットもあれば課題もあります。まずは、タブレットやインターネット環境が整っていないと授業が行えません。

用意するためには膨大な予算と専門性のある人材の確保が大きな壁となります。また、教える側の教員への教育・研修体制も通常の授業とは別に確保しなければならないなどの環境面の問題点が挙げられます。

また実際に授業がはじまると、インターネットに対しての興味や関心も増すため、家庭での使い方の見直しなども並行して行う必要があります。

プログラミング教育は、誰も受けたことがないだけに、分からないことだらけなので、プログラミング教育に関する素朴な疑問をこの機会に解決してみませんか?プログラミング教育の導入に関する素朴な疑問を解説したいと思います。

プログラミング教育の導入に関する素朴な疑問

プログラミングというと、システムエンジニアや、ゲームをプログラミングするプログラマーをイメージする人もいるかもしれません。分からないことはあって当然なので、よくある素朴な疑問についてまとめてみました。

プログラミングという教科が増えるの?

プログラミング教育という言葉から、新しく教科が新設されると思う人も多いものです。しかし、プログラミング教育とは、プログラミングのための思考を学ぶためのものであり、理科・算数・音楽・図画工作に組み込まれるので、教科が増える訳ではありません。

小学校のプログラミング教育を知る上でカギとなるのが、「プログラミング教育」と「プログラミング的思考」の2つの言葉です。文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」では、それぞれの用語について下記のように定義しています。

プログラミング教育とは

子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育成するもの

引用元:文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」

プログラミング的思考とは

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

引用元:文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」

プログラミング言語は子供には難しいのでは?

プログラミングを学ぶ際、気になるのが、プログラミングをする際に必要になる言語についてです。

プログラミング言語とは、人と人が会話するように人間がコンピュータに指示を与える時に使う言語のことを言います。同じスマートフォンでもiPhoneとandoroidでは使う言語が違いますし、言語の種類は多岐に渡り200種類以上あると言われています。

特に注目されている言語にひとつに、JavaやPHP, Pythonなどが挙げられます。しかし、これらの言語を子供が学ぶのかという疑問を持った人も多いのではないでしょうか。

でも安心してください。小学校で導入されるプログラミング教育は、プログラマーを養成するためのものではなく、「プログラミング的思考」を学ぶことを大きな目的としています。「プログラミング的思考」については、文部科学省の「学習指導要領解説」で下記のように説明されています。

「プログラミング的思考」とは,自分が意図する一連の活動を実現するために,どのような動きの組合せが必要か,どのように改善していけばより意図した活動に近づくのかということを論理的に考えていく力の一つである。このような思考力は,プログラミングに携わる職業を目指す児童にだけ必要な力ではなく,どのような進路を選択し,どのような職業に就くとしても,これからの時代において共通に求められる力であると考えられる。

引用:文部科学省「学習指導要領解説」

つまり、プログラミングの方法を学ぶのではなく、考え方を学ぶというものなのです。

1年生からプログラミングの学習が始まるの?

プログラミング=プログラマーの育成ではありません。小学校でのプログミング教育は各教科の特性に合わせて算数・理科、その他総合的な学習の時間内で教材として使用します。

具体的にどのように授業の中に取り入れていくかは、学校の判断になります。文部科学省が作成した指導例によると、下記のような学年と教科で導入されることを一例として紹介しています。

小学校5年生(算数):正多角形の性質を理解し、正多角形をプログラミングによって描く
小学校3年生~6年生(音楽):リズムとパターンを組み合わせて創作用ソフトを用いて、まとまった音楽を作る。
総合的な学習:調べたことを音声・文字・アニメーションを加えて資料を作成し、成果を発表する。

これらの例を見ると、主となる教科の補助的な教材として使用していることが分かります。小学校1年生は学校に入学したばかりなので、学校生活に慣れることが最優先です。

小学校入学後には保護者会が開かれ、プログラミング教育に対しての考え方や進め方などの説明があるので、最初の保護者会に参加して話を聞いてみましょう。

参考:小学校プログラミング教育の手引

パソコンやタブレットを自宅で用意しなくてはいけないの?

プログラミングの必修化に伴い、よくある間違いのひとつに、ICT教育との混同が挙げられます。ICT教育とは、パソコンやタブレットなどの情報端末を通して教師と生徒がコミュニケーションを図り、学習意欲の向上を期待するための教育です。

全教科でタブレットを使用した授業が行われるのかというとそうではないので、プログラミングが必修化されるからといって、自宅用に用意する必要はないので安心してください。

しかし、インターネットやゲームなどに興味を持っているようなら、この機会に好きなものを得意にできるチャンスにつながるかもしれないので、家族で相談してみましょう。

プログラミング教育は何年生から?

プログラミング教育をどのように授業に生かしていくかは、学校の裁量に委ねられています。文部科学省が提示した例では中学年から高学年の例がありましたが、もう少し踏み込んだ内容を知りたいものですよね。

東京都教育委員会では、「小学校プログラミング教育」の中で、プログラミング実践校で実施した例を実践例として紹介しています。

各学年で学ぶ実践例

プログラミング教育というと、ソフトやIT機器を用いて授業を行うイメージがありますが、プログラミング教育=プログラミング的思考を育成することを目的としているため、道具を使わなくても実践している例がたくさんあります。どんなものがあるのか学年別に見ていきましょう。

参考:東京都教育委員会「小学校プログラミング教育」

小学校1年生実践例:(学級活動)「くつばこそうじ名人になろう」

プログラミング的思考を取り入れた授業を小学校1年生で実施したのが、学級活動での取り組みです。毎日使うくつばこをきれいに、しかも早く掃除する方法をグループごとに考える。

プログラミング教育との関連性が分かりにくいですが、「アンプラグドプログラミング教育」と言い、タブレットなどの電子機器を用いず、プログラミングの考え方を学ぶ手法になります。

小学校2年生実践例:(国語)「わかりやすくせつめいしよう」

おもちゃの作り方について1年生に分かりやすく伝えるため「何について説明するのか」「必要な材料と道具」など工程を細分化し、最終的には短冊に「使い方」と「おすすめの遊び方」を書き発表します。

こちらもIT機器を用いなくても、順序だてて考え、どのように伝えれば下級生となる1年生に伝わるのか、考えながら想像するプログラミング的思考を学ぶ内容になっています。

「わかりやすくせつめいしよう」は導入から展開、まとめまで8回の授業に分けて実施しています。

小学校1年生と2年生の低学年を見てみると、小学校の時に経験したことを思い出した人も多いのではないでしょうか。小学校3年生になると、ソフトや機器を使った授業を展開されていきます。どのようにレベルアップしていくのでしょうか。

小学校3年生実践例:(図画工作)「ボタンをおしたら・・・」

小学校3年生になると、プログラミング言語を用いた簡単な活動が可能になります。プログミング実践校となったこちらの学校では、ビジュアルプログラミング言語の「スクラッチ」を用いた工作が行われました。

スクラッチとは、ブロックをつなぎ合わせて、「動かす」「待つ」などの動作をプログラミングし、コンピュータに命令を出して動かすことを体験します。

「キャラクターが生きているように動かす」を目標とし、絵コンテで考えた動作を実際に動かせるようにプログラミングします。最終的に動かせるまで45分授業7回を要します。時間をかければかけるほど、達成感を味わえるのではないでしょうか。

小学校4年生実践例:「プログラミングを学ぼう」

プログラミング教育は学校の裁量でどの科目で学習するか決めることができます。こちらのプログラミング実践校では、学校の裁量の時間の中で、教科は定めず実施しました。

ビジュアルプログラミング言語のスクラッチを使い、キャラクターに数字を数えさせるなど、少し踏み込んだプログラミングについてゲーム感覚で学びます。

端末を使わない「アンプラグドプログラミング教育」で命令カードを作り友達に指示をすることからスタートし、実際に端末を使う(プラグド教育)で理解を深める工夫も行っています。

小学校5年生実践例:(家庭)「食べて元気!ご飯とみそ汁」

プログラミングというと、理科や数学と言った理系的な要素をイメージしますが、プログラミング的思考は日常生活の中のあらゆる場所で活用することができます。意外な例として家庭科でプログラミング教育が行われました。

それは、私たちが毎日食べている身近な食材、ご飯とみそ汁に焦点を当てたプログラミング教育です。ご飯とみそ汁を食べるためには、ご飯を研ぎ、水を入れ、タイマーをセットしてという工程があります。

そしてみそ汁も同様、野菜を洗って、切って、煮るという工程が。その2つを同時に仕上げるための工程について、理論立てて考え、実際に調理し体験します。

考え、準備し、実際に作って食べてみる。単純ですがこれらはIT機器を使わなくてもでき、日常生活でも生かせるプログラミング的思考が学べるのです。

小学校6年生実践例:「わたしたちのまち」

最後は、6年生のプログラミング教育の実践例についてです。プログラミング教育は、発想次第でいろいろな手法を使うことができます。パソコンやタブレット、スマートフォン以外にも、プログラミングされた電子機器が多く開発されています。

その中のひとつ、ドローンを使った授業が行われました。ドローンと言うと、コントローラーによる操作を思いつくかもしれませんが、ドローンは道路交通法や、航空法、その他地方自治体の条例などで、ルールが設けられています。

そんなドローンを実際に操作し、目的に応じたプログラミングを行い、ドローンを使った未来の街づくりを話し合いました。操作方法や、災害支援でドローンを活用する事例などを学び問題解決に向けて主体的に取り組むことを学んだのです。

小学校1年生から6年生まで実際に行った実践例を見てみると、理科や算数という概念を超えた、私たちの生活に密着したことを学んでいることが分かります。

子供が目をキラキラさせながら「学校でスクラッチを使ったんだよ~」と話してくれる日も近いかもしれません。

プログラミング教育を受ける前に備えておきたいこと

実際の例を見てみると、大人もやってみたいと思うものばかりです。しかし、本格実施は2020年なので、実際に始まってみると、うまくいくとは限りません。

そこで、プログラミング教育を受ける前に家庭で備えておきたいポイントについてご紹介したいと思います。

本や絵本でプログラミングを学ぶ

プログラミング教育には、単元ごとに指導計画が作成されます。クラス全体のレベルに合わせた指導計画になるので、今のうちから、プログラミングについて触れておく必要があります。

すぐに実践できるものとして、プログラミングの基礎が学べる本や絵本を買って読んでみましょう。

子供向けのプログラミング絵本なら、イラストや図で分かりやすく説明してあるので、授業で実際にプログラミングソフトを使う時にも、知っている言葉があるのとないのとでは、理解度も変わってきます。

ゲームでプログラミングを学ぶ

ある程度インターネットに触れているなら、プログラミングができるゲームで遊ばせてみましょう。無料版でも十分予習ができるので、IT機器に触れるという観点でも試してみてください。

プログラミング教室の体験教室を利用してみる

プログラミング必須化に伴い、プログラミングに特化した教室も増えています。学校では全員が理解できるレベルを目標としているため、もっとやってみたいという子のレベルアップまでは求められていません。

そこで、プログラミングに興味を示しているなら、好きを得意にするチャンスです。プログラミング教室の体験教室に参加してみましょう。

まとめ

小学生のプログラミング必修化は、子供はもちろん、親にとっても考え方を学ぶ良いきっかけになるかもしれません。導入前や小学校入学前に出来ることは、プログラミングやIT機器に興味を持たせることです。決して難しいことではないので、子供が楽しく学べるように興味を持つようなアイテムを取り入れてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました