習い事をするならプログラミング教室がおすすめな理由

子供に習い事をさせるなら、サッカーに水泳、習字にそろばんなど、昔からある習い事も大事ですが、子供の将来のためにプログラミング教室を選ぶ人が増えてきています。

そこで、習い事をするなら子供向けプログラミング教室がおすすめの理由についてご紹介したいと思います。

プログラミング教育が導入された社会的背景

プログラミング教育が導入された社会的背景

2020年から学校教育において新しくプログラミング教育が導入されることになりました、これは、学習指導要領が一部改訂され、パソコンやタブレットを使った授業の他、思考力や判断力、そして表現力を育むことを目的としているためです、

これに伴いプログラミング教育が必修化されました。プログラミング教育が導入される背景には、以下の3つがキーワードとなります。

  1. 急速な技術革新
  2. 人口減少
  3. Society5.0

急激な技術革新

インターネットが生活の一部となり、スマートフォンやタブレットの普及、ロボットやAIの活用など技術面での進化は目を見張るものがあります。文部科学省はプログラミング教育を導入した社会背景のひとつに技術革新の進化を挙げています。

急激な技術革新

出典:文部科学省「小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について」

文部科学省の資料によると2045年(2013年生まれの小学校1年生が高校2年生になるころ)には、AIが人を超えると予想されています。

技術と人の今後の予測
  • 2022年頃
    ロボットの社会進出
  • 2022年~2027年頃
    人体とコンピューターの融合
    ※2025年頃:技術で言葉の壁が消滅・AIが人の代役となる
  • 2030年~2040年頃
    ヒトと機会が共存・協調する社会

    • 2045年頃:AIが人を超える
    • 【参考】2013年生まれの小学校1年生が高校2年生に

  • 2050年頃
    宇宙への進出
技術の進歩に伴い、機械と共存できるための教育を受ける必要性があることが分かります。

人口減少

人口減少

出典:文部科学省「小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について」

同じく文部科科学省の資料によると、日本の人口は2004年の12月にピークを迎え、その後急激な人口減少と高齢化社会になることが予想されています。

2013年に生まれた小学校1年生(7歳)が大学を卒業して社会に出る22歳(15年後)には日本の未来を支える軸になるのです。

そんな日本の将来を支える人材に対して、文部科学省はこれからの社会をSociety5.0が到来するとして新たな取り組みや教育に関する環境を整備しています。

Society5.0

Society5.0

Society5.0とは、時代の流れを表しています。歴史をさかのぼると狩猟で生活していた時代から農耕社会へと移行し、その後工業社会から情報社会へと変革してきました。狩猟生活をSociety1.0とした時、5番目の新しい社会人間中心の社会としてSociety5.0と定義しています。

このような社会的な背景から学校にプログラミング教育が導入されました。それに伴い子供向けのプログラミング教室も増加してきているのです。

子供向けプログラミングに対するイメージ

子供向けプログラミングに対するイメージ

プログラミング教育の導入に伴い、子供向けのプログラミング教室が増加していますが、子供時代にプログラミング教室に通った保護者はいないので、躊躇する人も多いものです。

子供向けのプログラミング教室は気になっているけれど、何をする場所なのか分からないという意見や、授業料が高いというイメージを持っている人がいます。

  • 小学生でプログラミングは難しいのでは?
  • 何をする場所なのか分からない
  • ついていけるかどうか不安
  • 授業料が高い。高そう
  • 親がパソコンを使えないので子供から聞かれたときに教えてあげられない
  • 周りに通っている子がいないので抵抗がある

ネガティブなイメージを持っている人もいますが、子供の将来のために前向きに考えているけれど、選び方が分からないという人も

  • 将来のためにプログラミング教室は必要だと思う
  • 学校で学べないものを学ばせたい
  • 教室があり過ぎて選べない
  • コースがたくさんあって何を基準に選んだらいいのか分からない

このような不安を持っている人が多い現状です。でも、これらは子供向けのプログラミング教室の実態やメリットが分からないだけなので、今こそプログラミング教室に通う理由についてご紹介したいと思います。

子供向けプログラミング教室がおすすめな理由

子供向けプログラミング教室がおすすめな理由

子供向けプログラミング教室は、向き、不向きがあるので、外遊びが好きな子や、細かい作業が苦手な子にはおすすめできません。

それに対してスマホのゲームが好きな子や、もの作りや工作が好きな子は子供の好きな部分を伸ばしてあげることができます。

プログラミング教室で期待できること
  • 得意な部分を伸ばしてあげられる

    • 成功体験が増える
    • 自分に自信が持てるようになる
    • 自己肯定感が高まる

  • ゲーム感覚で学べるので楽しい

    • 集中力が身につく

  • 面白いのでもっとやりたいと思う

    • 自ら学ぼうという意欲が身につく
    • 想像力が鍛えられる

  • チャレンジ精神が増す

    • アイデアを形にしたいという気持ちが芽生える
    • 能力が発揮できる

  • IT機器に関する知識が増える

    • ITリテラシーが備わる
    • ネット犯罪から防御するための情報を得ることができる

  • 将来の選択肢が増える

    • 将来の夢や目標ができる
    • 受験へのチャレンジ
    • 文系・理系の選択

習い事は子供の将来への投資

習い事は子供の将来への投資

日本は人口の減少と高齢化社会に向けて加速しています。将来の日本を生き抜くためには子供に最適な環境を見出していくことが重要です。習い事は子供の将来への投資と捉えて、プログラミング教室も選択肢のひとつに考えてみましょう。

子供向けプログラミング教室でおすすめはリタリコワンダーです。

リタリコワンダー

リタリコンワンダーは教室と自宅(オンライン)の2つから選ぶことができ、プログラミングの基礎から応用まで幅広く学べる5つのコースがあります。試行錯誤を繰り返しながら作業していくので問題解決能力が身につく他、成功体験を積むことができるので、達成感が味わえます。スマホやゲーム、工作や作ることが好きな子はリタリコワンダーをチェックしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました