子供の習い事グループLINEをスマートに退会する方法

進級や進学を機に、習い事の見直しをする場合、ママ友と連絡を取り合っているグループLINEをどうしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、習い事のグループLINEをスマートに退会する方法についてご紹介したいと思います。

子供が習い事を辞めたらグループLINEはどうしたら良い?

子供が習い事を辞めたらグループLINEはどうしたら良い?

習い事は、地域を超えていろんな学校から通ってくるので、学校とは別の交友関係が広がります。仲良くなると習い事が終わってからのお茶会や、イベントを企画して一緒に遊ぶようになることもあります。

その際、連絡ツールとして便利なのがグループLINE。でも、習い事を辞めたらグループLINEはどうしたらいいのかでしょうか。

続ける

子供たちを含めたママ友同士の関係が良好なら、そのままグループLINEで情報交換を続けましょう。習い事を辞めたからといって、無理にグループLINEを抜ける必要がありません。

退会する

習い事を辞めて別な習い事でリスタートする場合や、今のグループLINEに少しでも不満があるなら、習い事を辞めるのが良いきっかけになります。辞めることを伝えてグループLINEを退会しましょう。

判断に迷うなら通知オフ

グループLINEを抜けるということは、そのご縁をリセットすることになります。でも、そこまでしなくても良いと思う人もいるかもしれません。

しかし、そのまま居続けると投稿を見ることができますし、見ると余計なことを考えてしまいます、判断に迷うならそのままグループLINEに残り通知をオフにして習い事との距離を取りましょう。

グループLINEを退会する時の注意点

グループLINEを退会する時の注意点

グループLINEは、便利なツールですが対処法を間違えるとトラブルに発展してしまうので注意が必要です。では、どんな点に注意したらいいのでしょうか。

価値観の違いを知る

グループLINEは、「習い事を辞めてもそのままグループLINEに残ってもいいよ。」という人と、「習い事を辞めたんだから、グループLINEも退会すべき」と思う人もいます。

自分の意志と他のママ友との考えに違いがあること、つまり価値観の違いがあることを踏まえて冷静に判断しなければいけません。

ママ友とうまくいっているからと思っていても、もしかしたら「なんでまだグループLINEに残っているの?」と思われてしまうことも。

習い事を辞めるタイミングでグループLINEを退会しないと、次は抜けたくても抜けられないということにもなってしまうので、慎重に判断するようにしましょう。

無言で退会しない

グループLINEにまつわるトラブルのひとつに無言退会があります。

本人とグループトークに「〇〇さんが退会しました」とメッセージが出てしまうので、悪い印象を残して辞めることになってしまいます。

マナーの悪さはトラブルに発展

無言退出は「なんで抜けたの?」「挨拶がないのは失礼」と不要な会話と不本意な噂を生み出してしまいます。

保護者の言動は子供にも向けられてしまうので、「立つ鳥跡を濁さず」ということわざを意識して、きれいに抜けることを意識しましょう。

一言添えて退出する

グループLINEは抜けるタイミングが重要と同時に、理由や最後の一言も大事なポイントになります。

「習い事を辞めるのでグループLINEも抜けます」と言うのと、「今までありがとうございました」と一言添えて抜けるのとでは印象が大きく変わるためです。

直接ママ友と会って「習い事を辞めるからグループLINEも抜けますね」と話したとしても、実際に気持ちのこもっていない文字を見ると、辞め方がスマートとは言えません。

どんな言葉をチョイスしたらいいのか迷うので、ここからは具体的な例文をご紹介したいと思います。

グループLINEを退会する時の例文

グループLINEを退会する時の例文

グループLINEを退会するなら、習い事を辞めること、そして感謝の気持ちを伝えて退出します。その具体的な文面は下記をご覧ください。

習い事を辞めるので退出することを書く

習い事を辞めるからグループLINEも一緒に退会する。というのは誰もが理解できる正当な理由です。この事実を丁寧に伝えることを意識します。例文はこちら

皆様 〇〇ママです。〇年〇月からこちらの習い事に参加させていただき、皆さんとも仲良くさせていただき親子共に充実した時間を過ごすことができました。この度、学校の授業の兼ね合いから習い事に一区切りをつける決断をしましたので、こちらのグループも一度抜けさせていただくことにしました。また機会がありましたらご一緒させてください。今までありがとうございました。
メッセージを添えて、既読が数件ついたら退会ボタンを押して退出します。

感謝の気持ちを添えて退出する

皆様 〇〇ママです。いつも親子ともども仲良くしていただきありがとうございます。この度、家族で話し合い習い事に終止符を打つことになったため、ことらのグループも一度抜けさせていただきます。皆さんと出会えて、たくさんのことを学ばせていただき、本当に感謝しています。もしどこかでばったり会ったら、ぜひ声をかけてくださいね。それでは、短い間でしたがありがとうございました。

「ありがとうございました」というメッセージが入っていると、気持ちよく送り出してあげたくなるものです。

習い事を辞めることになりましたので、一度こちらのグループLINEは抜けさせていただきます。今までありがとうございました。

というような「辞めること」「退会すること」「感謝の気持ち」をコンパクトにした文でもOKです。

グループLINEはスマートに抜けることを意識しよう

グループLINEはスマートに抜けることを意識しよう

グループLINEの退会の仕方次第で、その後の印象は良くも悪くもなります。親はもちろん子供に対しても影響が考えられるのでスマートに抜けることを意識しましょう。

そして、グループLINEを抜けたら次は子供を介して新しい出会いがあるかもしれません。「終わりよければすべてよし」ということわざを思い出し、親子で次のステップに進みましょう。

まとめ

グループLINEは、便利ですが辞め時や退出するタイミングに迷うものです。子供の付き添いで参加している習い事なら、環境が変わるのを一区切りとして退会する方法も選択肢のひとつとして考えてみましょう。その際、伝え方やタイミングなども大事なのでぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました