小学生のプログラミング教室はいつから行った方がいいの?タイミングときっかっけの作り方

ママ
ママ

プログラミング教室が気になっているんですが、低学年では難しいのでしょうか。ある程度学校に慣れてからの方がいいのか迷っていて。

ナビ子
ナビ子

「いつから」という年齢の目安は気になるものですよね。プログラミング教室に通うタイミングの目安についてご紹介していきましょう。

プログラミング教室とは?

プログラミングと聞くと、「子供には難しいのでは?」と思うかもしれませんが、子供向けのプログラミング教室は、年長さんから高校生まで受講できます。

その内容はというと、あらかじめ設定されているプログラムを使って、パソコンに慣れる。操作する。など基本的な動作を遊び感覚で学ぶものです。慣れてきてもっとやってみたいという場合は、実際にゲームを作ってみることも可能!自分で考え、それを形にできるので、達成感が味わえます。

今はスマートフォンやタブレットを使って、ゲームや音楽、動画を楽しめる時代ですが、パソコンやIT機器を使った子がない子でもゲーム感覚で遊べるというメリットも。初心者からも上級者向けなど、さまざまなコースが展開されているので、スキルに応じて選ぶことができます。

プログラミング教室といっても、子供向けにアレンジされているので、楽しみながら学ぶことができます。

プログラミング教室が注目されている理由

2020年からプログラミング教育が必修化されることから、子供向けのプログラミング教室が増えてきました。子供がスマートフォンのゲームに夢中になっている姿を見て、好きを伸ばすきっかけにとプログラミング教室を利用する人も増えています。

また、苦手意識を持つ前に、予習も兼ねてプログラミング教室に通わせるケースや、集中力や、思考力が学べるという口コミから、プログラミング教室の注目度も高まってきています。子供時代に受けたことがないだけに、保護者の関心が高いことも、プログラミング教室が注目されている理由かもしれません。

プログラミング教室に通うメリット

プログラミング教室に通う最大のメリットは、これから行われる授業の予習ができるという点です。パソコンの操作に慣れておくことや、専門用語を知っているのと知らないのとでは、理解度も大きく変わってきます。

そして、楽しみながら学べるので、集中力が身に着くというのも、勉強に対する姿勢を左右させる要素になります。机で作業する時間が習慣化されれば、家庭学習や宿題も抵抗なくできます。

また、プログラミング教室では、実際にパソコンやタブレットを使って作業を行うので、筋道を立てて物事を考える論理的思考が養われます。

プログラミング教室に通うメリットはどれも気になるものばかりですが、パソコンの利用時間が長くなるため、ルール作りが必要になり、適度に休憩させるなどチェック体制が必要になります。

集中してやっているからとそのままにしておくと、外遊びの時間が減り、体力の低下も考えられるため、プログラミング教室から帰ってきた後の自宅での過ごし方も考えなければいけません。

メリットがあるということは、当然デメリットはつきものですが、子供が少しでも興味を持ち、集中できるものなら、やらせてあげたいと思うものですよね。

プログラミング教室に通うタイミング

プログラミング教室は、何歳から通うべきなのでしょうか。「プログラミング教室に通う目安は〇年生から」と提示されていると分かりやすいですが、子供の「今」を見極める必要があります。ここからは、プログラミング教室に通うタイミングについて、ご紹介したいと思います。

子供がアプリやゲームに興味を示し始めた時

病院の待ち時間や、移動中の車内など、ぐずった時や暇つぶしに活用できるアプリがたくさんあります。子供が違うゲームで遊びたいという希望が出た時や、いつもより集中していると思った時は、興味を持ち始めた証拠。

「もっといろんなゲームができる教室に遊びに行ってみようか」と声をかけて好奇心を広げてあげましょう。

習い事をやりたいという希望があった時

幼稚園や保育園の年中から年長にかけて、習い事をはじめる家庭もあります。友達が習い事をしていると聞くと自分もやってみたいと思う気持ちも出てくるものです。

「〇〇ちゃんが習い事をしているから、僕も(私も)やってみたい」という希望を言ってきたら、習い事をはじめるチャンスです。遊びの延長としてできるプログラミング教室の存在を伝えて、体験教室に参加してみましょう。

あおいちゃん
あおいちゃん

ママ―。私も習い事したい

ナビ子
ナビ子

この言葉が出たらチャンスですよ

時間的余裕がある低学年から

習い事は子供が興味を示さないと長続きしません。習い事をはじめる前の情報収集と、習い事に行った日に様子を聞いてあげることも、長続きさせる秘訣のひとつです。

習い事は放課後に行われるので、余裕をもって移動するため、時間的余裕がある低学年にはじめるのがおすすめ。終わった後の帰り道に親子のコミュニケーションが取れるというメリットもあるので、低学年をひとつの目安として考えましょう。

送迎の余裕があり、なおかつやりたい気持ちがあるなら年長さんからはじめてもOKです。大事なのはそのタイミングを見つけてあげることなので、日頃から子供の好きなものや、得意な事、そして伸ばしてあげられるポイントをチェックしておきましょう。

子供がプログラミングをやりたいと思うきっかけを作るポイント

子供がプログラミングに興味を示し、プログラミング教室に通うというのが理想的な流れですが、いつになるか分かりません。そこで、興味を持つきっかけを作ってあげましょう。具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。簡単なことでOKなのでひとつずつ見ていきましょう。

パソコンやタブレットに触れさせる

スマートフォンのアプリは、大人がダウンロードしなければ、子供は遊ぶことができません。子供が遊べそうなものをダウンロードして実際に試してみましょう。

スマートフォンのゲームで慣れてきたら、同じゲームをタブレットでも遊べるよう、ダウンロードし触れさせてあげます。スマートフォンからタブレット、そしてパソコンへ使う機会を作ってあげます。

スマートフォンで興味を示さなかった場合でも「画面が少し大きいタブレットなら遊びたい。」と思うかもしれませんし、パソコンを使ってマウスを動かしながら行うゲームも、簡単なようで意外と難しいものです。

何事も試してみるのが一番!パソコンやタブレットなど、いろいろな機器に触れさせる機会を作ってあげましょう。

ママ
ママ

親が環境を整えてあげることも大事なんですね。

ナビ子
ナビ子

そうなんです!できる範囲で大丈夫なので、ぜひ意識してみてください。

プログラミングの体験教室に参加する

準備する時間がないという人は、プログラミング教室が行う体験教室に参加してみましょう。多くは無料で利用でき、授業を受けてどのようなことが学べるのか、聞くことができます。

情報と実際に体験してみるのでは、子供の反応が違います。実際に体験したら子供に感想を聞きます。当然「楽しかった」「面白かった」という反応が返ってくることが予想されるので、その言葉をきっかけにプログラミング教室に通うことを視野に入れて親子で話し合ってみましょう。

まとめ

プログラミング教室を検討しているなら、子供が「やりたい!」と思える時期を見極める必要があります。さらに、IT機器に触れることができる環境を作ってあげることも大事なポイントです。時間と労力に余裕があるなら、年長さんから、小学生なら授業数が少ない低学年からはじめるのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました