中学受験するなら習い事はやめた方がいいの?両立させるポイントと見極め方

中学受験を予定している人は、高学年になると受験勉強のために習い事をやめるべきか迷う人も多いのではないでしょうか?楽しそうにやっているので続けさせてあげたい、でも・・・と躊躇してしまうものですよね。

そこで、中学受験をするにあたり、勉強と習い事を両立させるポイントと見極め方についてご紹介したいと思います。

子供の意思確認

子供の意思確認

中学受験について日頃から家族で話し合っているのなら、子供自身も「そろそろ勉強をがんばらなければいけない」という気持ちに変わってくるものです。親が悩むように子供も習い事を続けたいけど、勉強のためにやめなければいけないと思っているかもしれません。

大事なのは子供の意思です。続けたいのならどのようにすれば受験勉強との両立が可能かを考える必要がありますし、複数の習い事をしているならどれをやめて、どれを続けるのかの見極めもしなくてはいけません。

受験に向けて準備が必要な時期になってきたこと。そしてそれに伴い習い事はどうしたいのか、子供に今の気持ちを聞いてみましょう。そして子供の意思を尊重しつつ、どうしたら受験と両立できるのか話し合いに進みます。

平日の習い事を土日に変更

平日の習い事を土日に変更

受験勉強のために習い事をすべてやめるということがベストな方法とは限りません。

例えば、平日は帰宅してから宿題を終え、その後受験勉強をするという方法もありますし、学校が休みの土日に気分転換を兼ねて習い事を入れるという方法もあります。

今やっている習い事を続けたいという希望があるなら、平日から土日に時間を変更すると、習い事をやめずにすみます。

続けたいもしくは、もう少し様子を見て判断したいという場合は、土日にシフトできないか検討してみましょう。

練習が必要なものはやめる

練習が必要なものはやめる

習い事の中でもピアノのように、家で練習が必要なものは日々の積み重ねが必要不可欠です。練習のための時間を確保するとなると受験勉強との両立が難しくなります。

自宅で自主練が必要なものは、退会もしくは休会をして受験が終わったら再開するという方法もあります。

習い事をやめるということは、子供にとっても苦渋の選択になります。子供の気持ちを汲み取り、「受験が終わったらまた考えようね。」と今までがんばってきたことを共感して、またできることも伝えてあげましょう。

運動系はストレス発散につながるケースも

運動系はストレス発散につながるケースも

自宅で自主練が必要な習い事は、勉強との両立が難しいですが、サッカーやダンス、水泳などは体を動かすのでストレス発散につながります。

受験という大きな目標に向けて走り続けるので、子供ながらにプレッシャーを感じています。そんな張り詰めた状態を緩和してくれる場所や環境を作ることも重要です。

運動系なら、体を使って発散できるので、受験勉強の良い緩和剤になってくれることが期待できます。もちろん、子供にどうしたいのかを聞いた上で、勉強に専念したいというなら、その気持ちを尊重します。水泳だけは続けたいという希望があるのなら、時間や曜日を調整して続けさせてあげましょう。

テストの結果を見て段階的に判断

テストの結果を見て段階的に判断

受験勉強と習い事の両立はやってみないと分かりません。親子で話し合いこれなら大丈夫と思ったものでも、実際にやってみると、疲れて勉強せずに寝てしまうということもあります。

親子で相談して決め、定期的にテストの結果を見てどうすべきか判断し軌道修正してくことが重要です。そのためには、子供の目標がぶれないように、志望校に合格するためのテストの成績を具体化するなど、親がサポートしながらテストの成績を見て、目標に達しなかった場合はやめるという判断も必要です。

受験勉強は気分転換も必要

受験勉強は気分転換も必要

受験勉強は家族で取り組まなければいけない大事な時期です。子供は勉強をがんばり、親は食事や生活面のサポートをしなければいけません。

長期的に取り組むものだからこそ、勉強と自由な時間とのメリハリがとても大事になってきます。オンとオフが上手に切り替えられてこそ、勉強にも集中することができるためです。

そのためには、勉強ばかりではなく、気分転換できるものを作ってあげることも重要なポイント!

自分の好きなことができる習い事が気分転換のひとつになるかもしれません。受験だからすべてリセットして勉強に集中させる。というわけにはいかないので、子供の好きなことができる時間も作って効率よく勉強ができる環境を作ってあげましょう。

まとめ

中学受験をするためにも、習い事は整理した方がいいのではと思うかもしれません。しかし、上手に活用すれば気分転換できる場所になりますし、勉強の効率を上げるツールにもなりうるのです。

まずは親子で話し合い子供の意思を聞いた上で整理できるものとできないものに分けて、できないものは曜日や時間を変えるなど工夫していってみてください。

タイトルとURLをコピーしました